七五三の出張撮影で今後3Dホログラムは活躍しないだろうか

3Dホログラムは、写真をデータ化して専用のディスプレイに投影することによって、
その写真が立体的に見えるという新しい技術です。
話題のこの技術は、今後さまざまなものに活用されていくと思われます。
七五三の出張撮影では、後から写真を大きく引き伸ばしてもらったりアルバムにしてもらったり、
データとしてもらうという方法もありますが、ここに3Dホログラムという選択肢も今後増えるかもしれませんね。
地方に住んでいるおじいちゃんやおばあちゃん、単身赴任で遠くにいるお父さんにも、
3Dホログラムで投影すればまるでその子がここにいるかのように見せることができるので、
ただの平面の写真よりも現実味があって喜ばれるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です